トップページ > ラシイエ通信 > ラシイエくん > 名もなき家事への想像力がプランに差をつける!

ラシイエ通信

2020.03.22

名もなき家事への想像力がプランに差をつける!

こんにちは!ラシイエ江北駅前店です(/・ω・)/

本日も「スーモリフォーム」から「我が家仕様の片付く家をつくろう!」というお話しのご紹介です!

スッキリ保てる家の秘密は、家事のしやすさにあり。

収納や動線はもちろん、自分らしい手順で家事がこなせるようになれば、日々の負担がぐっと減るはず。リフォームで家事を全面的に見直して、「我が家仕様」の家事革命で片づく家へ!

 

【「名もなき家事」への想像力がプランに差をつける】

忙しさとストレスの一因に家事を上げる人は少なくありません。でも、家事の実態を自覚している人はどれぐらいいるでしょうか。知的家事プロデューサーの本間朝子さんは話す。「料理・洗濯・掃除など、「名の有る家事」は一握り。実はそこに付随する「名もなき家事」が膨大にあります。例えばゴミ捨てという名のある家事に対し、ゴミ袋をゴミ箱にセットする、ペットボトルのラベルを剥がして洗うなどが名もなき家事。

それらの手間は少ないけれど大量にある名もなき家事に追われ、こなしても感謝されにくい点がストレスになりがちです。」

 

「半々で家事をしている」という夫に対し、妻が「私のほうが大変」と感じているなら、名の有る家事を降り半していても、多くの名もなき家事を妻が負担しているのかもしれない。「女性の方が身のまりの事に気づきやすいので、つい家事を負担しがち。でも、名もなき家事を家族で認識すれば、男性や子供もやってくれるようになるケースは意外と多いんです。」裏返しにぬいだ洗濯物を本人が自分でひっくり返すよになったという話もあります。」

【位置を移動するかしないかが費用に大きく影響する】

家事はさまざまな作業が家の各所で関連するので、家全体を見直せるリフォームこそ、作業効率を上げて家事の手間を減らす絶好の機会だと本間さん。

「どの家事を誰がするのか、家族で話し合ってシェアする機会にもしてほしいですね」

家事のルールは千差万別だがらかこそ、収納や動線など「我が家仕様」にもこだわりたい。

「家事ラクのアイディアを暮らしにマッチするようにアレンジしましょう。プランを提案されたら必ずシュミレーションして使いやすいか考えて。」

自分が家事で負担に感じていることを把握して優先順位をつけておくのも肝要です。「名もなき家事の例に優劣をつけるだけでもOKです。リフォームのプロに悩みをきちんと伝えることで、適格な提案を得やすくなるでしょう」

 

【名もなき家事TOP5】

1位 裏返しの服や靴下をひっくり返す

2位 ぬぎっぱなしの靴の片付け

3位 トイレットペーパーの補充と交換

4位 脱ぎ捨てた服の回収

5位 献立を考える事

 

以上、いかがでしたでしょうか。

ラシイエでは、中古住宅を安価で買い、

リフォームをして室内はまるで注文住宅のような

マイホーム購入の仕方をオススメさせていただいております。

来週もイベントがありますので、

「中古+リフォーム」にご興味のある方はぜひぜひ

お気軽にご来店下さいませ。

 

↓↓ご予約は下のボタンから↓↓


ページの先頭へ

リフォームのことならラシリフォにお任せください!

Copyright (C) ラシイエ, All Rights Reserved.