トップページ > ラシイエ通信 > ラシイエくん > 重すぎるローンは将来、大変な状況に!

ラシイエ通信

2020.03.23 NEW

重すぎるローンは将来、大変な状況に!

こんにちは!ラシイエ江北駅前店です(/・ω・)/

本日は、「住宅ローンはこうして借りなさい」という本の中から、

「ローンの借り過ぎで将来コマわないために、無謀な借り方を防ぐ事前知識と資金計画を紹介」していきます!

 

【「物件選び」の前に「いくらの家が変えるのか」予算を組む】

まずは、マイホーム購入の全体像を見ていきましょう。「いくらの家が買えるのか」を知ることから始めて下さい。

そうすると「借り過ぎ」を防ぐことができ、老後に住宅ローン貧乏にならずにすみます。

物件選びからスタートするのはNGです。モデルルームの「頭金ゼロでOK、家賃並みの返済額で買えます」といったセールストークで、身の丈以上のローンを組んでしまう結果になります。そうは言っても皆様の中にも「物件選びからスタートしてしまったよ」という人も多いはず。

でも大丈夫です「不動産売買契約」を結ぶ前なら、予算作りに戻ることができます。家の価格に家計を合わせるのではなく、先に無理のない予算を把握し、その予算に合わせて家を選ぶ。これが一番のポイントです。

 

【将来にわたって安心できる資金計画のポイント】

「絶対に失敗しない資金計画の立て方」をお伝えします。最も大事なポイントは次の3つです。

①資金計画、住宅ローン選びは「自分」でする

②購入後も貯蓄できるかチェック

③60歳時のローンの残高は多くても700万円以内に

 

【資金面での注意点】

・貯蓄額からマイホーム購入にいくら使える?

・無理なく返済できる金額をチェック

・頭金に回せる額と返済額から物件の予算を見積もる

・住宅ローンの基礎知識を持っておく

・予算内の物件を見にいく

・「お家欲しい病」にかかっても、クールダウンを心がける。冷静に冷静に。

・不動産売買契約の前に住宅ローン仮審査を申し込む

・物件価格5%前後の「手付金」を用意する

 

 

以上、いかがでしたでしょうか、

ラシイエ江北駅前店にご来店いただければ、

各、銀行の中からお客様にあった商品をご紹介いたします。

もちろん、ご自身でローンの処理をしてもらっても構いません。

来週もイベントを開催しております。

中古住宅+リフォームにご興味のある方は是非ご来店ください!

 

↓↓ご予約は下のボタンから↓↓

ページの先頭へ

リフォームのことならラシリフォにお任せください!

Copyright (C) ラシイエ, All Rights Reserved.