トップページ > ラシイエ通信 > ラシイエくん > リフォームを前提とした選び方

ラシイエ通信

2020.07.29

リフォームを前提とした選び方

 

 

もっとも一般的な中古マンションへの住み替えのケースを取り上げリフォームを前提とした中古マンションの選び方をご紹介いたします。

 

Aすでにリフォーム済みの中古マンションを購入する

中古マンション販売情報を眺めていると「全面リフォーム済み」や「リノベーション物件」といったキャッチフレーズを頻繁に目にするようになりました。これは専有部分がすでにリフォームされていて、新築に近い状態で販売されており、即入居が可能なことを表しています。

個人の方がマンションを売却するとき、何百万円も先行投資してリフォームすることは稀なので、そうした販売物件の多くは不動産会社が売主となっています。

 

これは不動産会社で「買取再販事業」と位置付けれるもので、個人からマンションを買取り、リフォームを施して物件に付加価値をつけ、その分高く売却するという販売手法です。

 

B中古マンションを購入してから自分好みにリフォームする

経年劣化した中古マンションを購入して自らリフォーム会社に発注する方法です。マンションを購入して入居する前にリフォームを済ませるケースもあれば、まずは住んでから考えるというケースもあります。

後者の場合はリフォームを決定するまでの時間的な自由度が高いといえます。

 

C企画・コンサルティング会社に依頼する

AとBの中間に位置する、最近注目されている方法です。リフォーム会社に直接依頼するのではなく、独自のノウハウをもったリフォームを企画する会社に依頼するものです。特にデザイン力に優れた会社が多く、いま風のリフォームを手掛けることで支持されています。

 

サービスは様々で、現状の住戸を前提にライフスタイルをヒヤリングし、最適リフォームプランを提案してくれるものが主流ですが、まずはプランを決めそれに合うマンションを探すという逆発送のサービスもあります。

 

リフォームプランとマンションが決まればそうしたプランが得意なリフォーム会社を選んでくれます。リフォーム需要の増加に伴い、このような新しい業態の会社が増えておりリフォーム市場の拡大に寄与しています。

 

 


ページの先頭へ

リフォームのことならラシリフォにお任せください!

Copyright (C) ラシイエ, All Rights Reserved.