• taguma4

賃貸or購入?

こんにちは!ラシイエ江北駅前店です!


「家を購入する」という決断をする前にもう一度立ち止まって考えたい。

それはそもそも「賃貸」と「購入」、どちらが自分にとって最適な住まいなのか。ということです。

お金の面で考えれば、「賃貸」には住宅ローンはないが、生涯にわたって家賃を払い続ける必要がある。

一方で「購入」は長期にわたって住宅ローンの返済をしなければならないが、家は資産となり、家族や次の世代にも残すことができる。

生活の面でも「賃貸」は環境の変化に対応しやすく、それを楽しむこともできるが、「購入」はずっと同じ土地に住み続け、地域に根差した生活を

送ることになる。これは、一概にどちらが得とは言い切れない。「賃貸」か「購入」かを選ぶのに最も大事なのは、住まいに何を求めるかとう視点です。

 いずれにせよ、住まいに関する最初の選択は、その後のライフスタイルにも関わる大切な事柄であることは間違いないだろう。


【賃貸の場合】

□購入よりも初期費用が安く抑えられる。

□家賃以外に一定期間ごとに更新料がかかる

□転居する場合は引っ越し費用がかかる

□生涯にわたり家賃を払い続ける必要がある。

【購入の場合】

□ローン返済が終わればあ支出は大幅に減る

□長期の住宅ローンを抱えなければならない。

□初期費用で数百万単位の諸経費が必要

□建物の修繕費やリフォーム費用がかかる

【どっちが魅力?賃貸と購入】


賃貸

ライフスタイルに合わせやすい

通勤時間のかからない都心部に住みたい、仕事で転勤が多い、と言った人には、家を「購入」して同じ場所には住み続けるよりも、

状況に応じて住み替えができる「賃貸」の方が便利。

住み替える事自体が楽しい!

住み替えがしやすい「賃貸」は、それ自体が魅力でもある。引っ越しに伴う手間や諸費用はかかるが、生活環境を一新でき、さまざまな

地域での暮らしを楽しめるのは「購入」にはない特権です。


購入

家族が望むこだわりを反映

特に注文住宅の場合、書斎やキッチン、生活動線など家族のこだわりを反映できるのは「購入」の大きなメリット。

住みやすい環境を整えられたら、住むほどに愛着もわきます。

地域とのつながりが生まれる

「購入」は住む場所が固定さえるが、それは地域社会に根付いていくことも意味する。

地域とのつながりは生活にもさまざまな恩恵をもたらすはずです。

ただし、トラブルには気を付けたい。


みんなの本音

「賃貸は壁や床を傷つけないか気にしなければならなかった。家賃も同じ金額ならば、購入に充てたい。

「賃貸は床や壁が薄く、湿気もひどくてカビが発生した。引っ越しを考えると家具もあまり買えなかった」

【老後の事も考えよう】

「賃貸」の場合、一番考えておかなければいけないのが老後の生活だ。「購入」はローン返済を終えると住宅への出費は減るが、

「賃貸」は老後も家賃の支払いが続く。。つまり将来を見越して十分な貯金をしておく計画性も必要なのです。


ラシイエでは、中古住宅+リフォームという住宅購入の仕方を

お勧めしております。

注文住宅以下の価格で、

建売以上の内装を手に入れることが可能です!

ご興味のある方はぜひラシイエまで!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示