• ラシイエ君

ペットと暮らす家【間取り変更有】

最終更新: 3月21日



本日ご紹介する施工事例は、マンションに土間や、キャットウォークをつけたリノベーションです!

まずはビフォーアフターの間取りがこちらです。

キッチンがバルコニー側に面していなく、ダイニングキッチンに太陽の光が差し込まない間取りでした。

さらに、マンションには珍しい、【土間】を新しく造作いたしました。


では、実際の施工前と施工後の写真で見ていきましょう

玄関土間のビフォーアフターです。

元々玄関右側は居室でしたが、部屋を削って土間を新設いたしました。

外で使う自転車やゴルフバック、車椅子などを、室内に入れずに土間に置いておけます。






玄関のシューズクローゼットは、扉式ではなく、棚式にしました。

大好きな靴コレクションが帰ってきたらいつでも見れるので、靴好きにはたまりません。





続いて、廊下です。丁度浴室の場所にデッドスペースができたので、

工事の最中に、ここはニッチを作りたい。ということで、ニッチを作成しました!





次に洗面台です。クロスがとてもかわいい脱衣所になりました。




続いてトイレです。トイレは、リフォーム前と比べてスペースを広めにしました。

将来、介護などをしやすいように。との事と、猫ちゃんのトイレもトイレスペースに配置

するためです。トイレの建具はペットドアを採用し、猫ちゃんの入り口を設けております。




続いて居室です。こちらの居室は、窓がなくなってしまった部屋なので、室内窓を

つけることで、光と換気をおこなえるようにしました。窓が1つあるのと全くないのでは

居心地が異なるのでとてもお勧めです。

もとは、カーペットだったものを衛生面などを考え、フローリングに変更しております。


そして、リビングダイニングです。

元々和室と洋室が2室バルコニー面についており、ダイニングが窓がない

部屋でしたが、大幅に間取り変更をすることで、大きなリビングが出来上がりました。

そして、猫ちゃんのキャットウォークを沢山設置しております。





最後にキッチンです。元々壁付けのキッチンでしたが、

対面キッチンに新品交換&移動させました。




そして全居室に猫ちゃんが扉を開けなくても行き来できるように猫穴をもうけております。

リビングの扉は、玄関から猫ちゃんが飛び出さないよう、玄関のすぐそばに設置いたしました。



以上、いかがでしたでしょか。

ラシイエでは、スケルトン工事も得意としておりますので、

中古住宅+リノベーションにご興味のある方は是非、リノベ住宅不動産ラシイエに

ご相談くださいませ!




10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示