• ラシイエ君

住宅ローン控除は中古住宅の場合でも受けれるの?

こんにちは!ラシイエ江北駅前店です!

さて、本日は住宅ローン控除が受けれる条件についてコラムを書いていきます!

住宅ローン控除(減税)とは?

住宅ローンの残高の1%を10年間所得税や住民税(一部)から引いてくれる制度です!



色々とややこしいですよね。よく勘違いされているのが、最大控除額が400万円だから、10年間で400万円かえってくる!と

思われてる方がたまにいらっしゃいます。

まず、返ってくる額ですが、【毎年の住宅ローン残高の1%が上限】です。

さらにそこから、【ご自身が支払っている所得税分】しか返ってきません。

(所得税から控除しきれない場合には翌年度の住民税からも控除されます。(上限有))

ご家族でお子様も奥様も扶養にはいってる方は意外と、支払っている所得税は少なかったりします。

借入金額によっても変わってきますし、一度、ご自身がどのぐらいの控除を受けれるのかもシミュレーションを

してみてもいいかと思います。


*中古住宅の場合の最大控除額*

中古戸建で売主様が一般の方の場合→最大控除200万まで(控除対象借入限度額2000万)

中古住宅で売主様が不動産会社の場合→最大控除400万まで(控除対象借入限度額4000万)

(リフォーム済み物件など不動産会社が売主が多いです)

そして、ご購入いただく物件にも控除が受けれる条件がいくつかあります。

主な条件としましては、


・自らが居住するための住宅であること

・床面積が50㎡以上

・年収が3000万以下

・住宅ローンの借入が10年以上

・木造の場合築20年未満

・鉄骨の場合築25年未満


などがございます。

この条件を見ると、築25年、20年未満の物件はもう選べなくなってしまいますよね。

築年数を物件を探すときの条件にいれると、出てくる物件数がガクっと下がります。


ただ、築年数が超えていても、【耐震基準適合証明】という書類を一級建築士の方に書いて頂くと、築25年、20年以上の物件でも住宅ローン控除が受けれるんです!


結構、普通の不動産会社ですと、この制度を知らない営業マンもいらっしゃいます。

ただ、どんな物件でも取れるというわけではありません。大体、新耐震基準(S56年以降)の物件でしたらとれる可能性はあります。

ただ、それ以前(S56以前)の物件になるととれない可能性が大きくなります。



ラシイエでは、お客さまに少しでもお得にマイホーム購入をしていただきたいので、精一杯お力になれますようにしっかりとサポートさせて頂いております!

お気軽にお問合せ下さいませ!

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示